プロミスはスマホで簡単にキャッシングの申込みができて無人機を活用すれば即日キャッシングの確率が上がります!

プロミスならば瞬フリが利用出来る

>>【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断を試してみる!

消費者金融のプロミスをキャッシング先として検討する際には、申込みのしやすさと柔軟な借入方法に関心を示す人が多いです。インターネット経由でもWEB完結申込みが開始されており、カードレスタイプのカードローンだけでなく、後から自動契約機で専用ローンカードを発行出来る契約方法も登場しています。

自動契約機コーナーを利用する際には、三井住友銀行のローン契約機と共用ブースが設置されていることが多いので、知人へ自動契約機コーナーへ入る所を見られたとしても、メインバンクが三井住友銀行ならば銀行ATMを利用しただけと思われるでしょう。

また、プロミスでは三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を登録しておけば、瞬フリという制度を利用していつでも即時借入が可能です。カードローン契約を行い、WEB会員手続きを行っておけば、専用会員サイト経由で瞬フリを利用出来ます。

三井住友銀行とジャパンネット銀行宛に振込融資を行なう際には、銀行側のシステムメンテナンス時間以外ならば、手続き完了から1分以内に振込融資が完了されているという状態です。同じ銀行システム内ならば、システム稼働時間内はいつでも振込が反映出来る仕組みを利用しているので、土日や夜間に関わらず24時間いつでも瞬フリを利用可能です。

キャッシングの審査に通らないときの信用情報開示請求

キャッシングの審査に通らない大きな理由の一つに信用情報期間の個人信用情報に事故情報や異動情報が記載されているということが上げられます。いわゆるブラックリストと呼ばれている状態がそれに当たります。

しかし、もし信用情報に支障がないのにキャッシングの審査に通らないという人がいれば、信用情報開示請求をしてみて自分の信用情報を確認してみるという方法があります。信用情報が絶対に正確であることは断言することはできませんし、知らないうちに信用情報に記載されている事実があるかもしれません。信用情報が間違っていれば、訂正依頼をすることができます。

日本国内には3つの信用情報機関がありますから、すべての信用情報を知るためには3つの信用情報期間に情報開示請求をしなければなりません。それぞれの信用情報期間によって情報開示請求の方法などが異なっていますから、それぞれの公式ホームページなどで情報開示請求方法を確認してから請求しましょう。それほど高いというわけではありませんが、それぞれに手数料がかかります。

情報開示請求によって情報開示がされれば金融事故を起こしているかどうか、総量規制に引っかかっているかどうかを中心に確認すればいいでしょう。

キャッシング比較をするならインターネットが便利

キャッシングサービスは業者によって大きく異なります。全ての業者で説明を聞いてサービスの比較をするのは大変です。だから比較に役立つ情報が充実しているウェブサイトが役立てられています。比較情報が充実しているウェブサイトでは、サービスの対象者や支払い期日といった基本的な情報が掲載されているのです。

それに加えてサービス同士を比較するシステムも搭載されています。自身の希望する条件を比較システムに入力する事で、理想的なキャッシングサービスを発見出来るのです。そして更に詳しい説明を聞きたくなったら、サービスを提供している業者の拠点へ行く事で効率性を高められます。

理想的なキャッシングサービスの審査の突破に失敗してしまっても、比較システムで条件をクリアしている業者の審査を受ける事が出来ます。準備が整っていれば次の行動までのスピードを早められるので、情報が豊富なウェブサイトは便利なのです。ただしインターネットのウェブサイトで比較出来るのは、登録されている業者だけになります。

情報が入力されていない業者のキャッシングサービスは比較検討出来ない事を忘れるべきではありません。いずれにしても運用方法に注意すればキャッシング比較のウェブサイトは有用です。

プロミスのキャッシングサービスの特徴

大手消費者金融のプロミスは現在はブランド名として使われており、経営はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が行っています。三井住友銀行系の会社であり、プロミスの利用に際しても三井住友銀行のローン契約機から申し込みができるというメリットがあります。

プロミスの特徴の1つとして、金利面で他社と違いがある点がまず挙げられます。現在は年利4.5%から17.8%を採用しており、特に上限金利が他社の消費者金融に比べると0.2%低いのが利用者にとってのメリットです。カードローンなどで初めてプロミスを利用する時はもちろん、多くの人がキャッシング利用時には100万円以下の借入れの事が多い事を考えると、0.2%の差はかなりアドバンテージがあると言えます。

またプロミスの他の特徴として、初回利用時は30日間の無利息キャッシングが可能な点も大きな特徴です。お試し的にキャッシングサービスを利用してみたい、といった人にも利用しやすい仕組みとなっています。また無利息期間は、プロミスの会員が利用できるポイントサービスで貯めたポイントを利用することでも適用されます。

プロミスはウェブサービスにも力を入れており、キャッシングの申込はもちろん、借入れから返済まで全てネットを通して行えるのも大きな特徴となっています。


リスト これから【プロミス】無人機に行きますか? 借りられるか3秒診断!24時間OK
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
リスト

初めて利用するなら無利息期間サービスを

今すぐお金が必要なだけど消費者金融を利用するのは少し抵抗があるという人が多いと思います。たしかに世間のイメージとしては消費者金融を利用するというのはあまり良くありませんが、最近は生活費の補てんや遊興費など些細な理由で少額だけお金を借りる人も多くいます。初めて利用する人が不安というのは消費者金融側も理解しているのでそれなりのサービスを提供しています。

消費者金融は基本的に金利が高く設定されていて初めて利用する人は金利の高さに不安を感じる人が多いと思います。しかし消費者金融も初めて利用する人を対象に無利息期間のサービスを提供しています。無利息期間はだいたい30日間というのが多く少額の借り入れなら30日間で返済も可能です。そのため少額の借り入れの場合は無利息にしてしまう事が出来てしまいます。無利息になれば支払う金額は借り入れた金額だけなので初めて利用する人でも不安はなくなると思います。初めて利用する人は必ず無利息期間のサービスを利用しましょう。

無利息期間のサービスを提供している消費者金融はアコム、プロミスがありますが、銀行カードローンにも実は無利息期間のサービスを提供している業者があります。それは以前消費者金融で銀行カードローンになった新生銀行カードローンレイクで30日間無利息の他に180日間5万円分無利息というプランも提供されているので好きな方を選ぶ事が出来ます。プランが多いと返済の仕方にも幅が出てくるので利用者の負担も軽減してくれます。

金利設定について

消費者気金融でお金を借りるならば、絶対に金利が安い方が良いですよね。消費者金融はいくつか有名な会社がありますが、特に有名なのはプロミスになります。消費者金融は銀行よりは金利が高い傾向にあるものの、消費者金融の中ではプロミスが1番安いです。このプロミスでは、他の有名な会社と比べて、少しですが金利が安いのです。

プロミスは4.5~17.8%となっています。この金利は他の会社と比較した場合、1番安いところでも4.7~18.0%程度なので、やはり安いです。この程度の差ならばあまり変わらないのでは?と思うかもしれませんが、このわずかな差が後々響いてくることもあるので、ちゃんと考慮しておくべきポイントになると思います。

特に長期間借りたり、多額のお金を借りるときには金利の少しの差はかなり大きな影響を与えます。金利がそれだけ安いということは審査に慎重になるので、借りられない可能性もそれだけ上昇することになりますが、ここで借りられるのが1番良いということは間違いないでしょうから、優先順位としてはプロミスを1番に持って来て、ここでまず申し込んでみるのが1番損をしない借り方になると思います。

特に大きな額を長期間かして貰うようなケースでは、、1番に目をつけないといけないのが金利になりますから、お金に困っている人が借りるので、細かい金利にも気を配っていけると、お金に関して困るケースが少なくなるのではないでしょうか?

キャッシングの審査での属性

キャッシングの審査では、お勤め先に関する情報が大きなポイントになります。というのもお勤め先の規模などによって、借りれるか否かも変わってくる傾向があるからです。 そもそも世間の会社には、様々な従業員規模があります。多くの方々が勤めている会社もあれば、そうでない会社も見られる訳です。そして全体的には前者のような会社の方が、借りれる確率は高めな傾向があります。

まず上場している会社の場合は、勤めている方々の人数は非常に多いですね。中には従業員数が1万人以上の会社なども見られますが、それは審査では有利に働く傾向があります。規模が大きな会社の場合は、それだけ金融会社としても高く評価しているからです。

そして世間には、もちろん上場していない会社も沢山あります。中には従業員数が少なめな会社も見られる訳ですが、その場合は金融会社から借りるのが難しくなる事もあるのです。従業員数が数人希望の場合は、少々難しい事もあります。 このように会社の従業員数などは、キャッシングと大きな関係がある訳ですね。ただし例外もあります。従業員数が少なくても、創業年数が長い会社の場合は、すんなりと審査に通る事もあるからです。キャッシングの審査には複数の要素があり、年数だけでは決められない一面もある訳ですね。

このページの先頭へ